ペットのおうち

2014年04月20日

野生の猫 マヌルネコ

まだまだ知らない野生の猫がいるもんですね。

マヌルとはモンゴル語で「小さいヤマネコ」の意味。

ロシアの他、中央アジアを中心に生息しているそうです。

7289d824.jpg

かつては毛皮のために乱獲され、現在では保護対象となっているとのこと。

ネコは明るいところでは縦長に細くなりますが、マヌルネコは丸いままです。

毛並みも最高ですが、飼い猫としては適さないようです。

718b77c9.jpg

45312889.jpg

567767e4.jpg

引用元 Russian wild kitten (manul)



ラベル:マヌルネコ
posted by オクラ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

オオヤマネコ、絶滅の危機



スペインオオヤマネコは絶滅の危機に瀕する動物である。

世界中のネコ科の中で、またヨーロッパのネコ目の中で最も絶滅に近いと言われている。

ヨーロッパオオヤマネコには青白い模様があったのに対し、スペインオオヤマネコはヒョウのような独特の斑点がある。

斑点の色は灰色であるが、光の加減によっては茶色から黄色に見えることもある。

西に住むものには無地のないものもあったが、最近絶滅してしまった。

オスはメスよりも大きい。肩高は約70cm、体長は15cmの尾を含んで約1mである。

体重は13から25kgであり、ヨーロッパヤマネコより小さい。

スペインオオヤマネコはヨーロッパヤマネコと大きく違わないが、むしろボブキャットに近い。

スペインオオヤマネコの顔は他のヤマネコ属よりも通常のネコに近い。

また先端の黒いずんぐりした尾を持ち、耳の先は黒い房毛で覆われている。

スペインオオヤマネコ. (2009, 5月 6). Wikipedia, . Retrieved 01:11, 6月 24, 2009 from http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8D%E3%82%B3&oldid=25739132.






















posted by オクラ at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

野生の猫・ボブキャット




ボブキャット(英名 Bobcat ; Bay Lynx)

ネコ科オオヤマネコ属に属する中型獣。

体長65-105cm、尾長11-13cm、体重6-15kg。

カナダ南部からメキシコにかけての森林・草原・半砂漠地帯に生息。

個体数は72万5000頭ほど。

体色は砂漠では黄色っぽく、森林では暗い色をしているなど、生息する地域によって異なる。

夜行性で、主にウサギやジリスなどの小型草食獣や鳥類を捕食する。

ネコ科の動物としては比較的長距離走に耐え、木登りもうまい。

発情期は冬の終わり。妊娠期間は50日前後で1度の出産で1-4子を産む。

ボブキャットの名は短い尾に由来する。




太くてしっかりした足ですね。

野生の猫はそれぞれが神秘的で美しい。

そして、ボブキャットの赤ちゃんもヤッパリ可愛いね。





「ボブキャット」の参考文献情報
ページ名: ボブキャット
著者: Wikipedia の執筆者たち
発行者: 『Wikipedia』
更新日時: 2008年8月8日 22:17 (UTC)
取得日時: 2008年9月3日 05:12 (UTC)
恒久的なURI: http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%9C%E3%83%96%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88&oldid=21153035
ページの版番号: 21153035

posted by オクラ at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

野生の猫・スナネコ




(英名:Sand cat 学名:Felis margarita)

小型の野生ネコ科動物の一種。

サハラ砂漠より、タルキスタン中東部にかけての砂漠地帯に分布。

体長50cm、尾長20cm、体重1.8kg〜3,6kg。

耳は大きく尖っている。

毛色は黄色で青白い線が走っているが、この線がほとんど見えない個体もいる。

尻尾の先は黒っぽい。

熱い砂から皮膚を守るため、足の裏は長い毛で覆われている。


夜行性で日中は岩陰に潜み、夜になると活動を開始する。

主食は主にネズミ類、またトカゲ、ヘビや昆虫も食べる。

スナネコは水分をそれらの獲物から摂取する。



街中にいても不思議ではないほど、一番小さな野生の猫

顔を洗うしぐさは猫そのものだけど、

あのプクプクした肉球が毛に覆われて見えなかった。

暑い砂漠に住んでいるだなと納得。



今年4月に動物園で生まれた

メチャクチャ可愛いスナネコのあかちゃん。




「スナネコ」の参考文献情報
ページ名: スナネコ
著者: Wikipedia の執筆者たち
発行者: 『Wikipedia』
更新日時: 2008年8月23日 14:59 (UTC)
取得日時: 2008年8月31日 04:32 (UTC)
恒久的なURI: http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%B9%E3%83%8A%E3%83%8D%E3%82%B3&oldid=21395859
ページの版番号: 21395859



















posted by オクラ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生の猫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。